禁断の焼き物の世界へようこそ

焼き物、それは果てしなく続く未知の世界。
東は備前焼から西はマイセンまで
東西数々の名品が世界には存在する。
一度その魅力に取り憑かれれば、もう戻ってこれないものもいる。
そんな巣窟に足を踏み入れたものがまた一人。

 

 

 

嫁です。


Royal Copenhagen ロイヤルコペンハーゲン テネラ フラワーベースを手に入れてしまいました。

f:id:mashley_slt:20171024121438j:image

f:id:mashley_slt:20171024121547j:image

f:id:mashley_slt:20171024121609j:image

かーわいー。

 

ロイヤルコペンハーゲンとの最初の出会いは某アウトレットモール。
そのときはデンマーク の皿?ふーん。白地に青か、へー。
ぐらいで全く興味なし。

まあ、イヤープレート は面白いなあくらい。

f:id:mashley_slt:20171024123822j:plain

www.royalcopenhagen.jp

 


その後本でTENERAとbacaに出会う。
現在日本で人気があるような白地に青の「ブルーフルーテッド」と全然違う作風。それは、1880年代にロイヤルコペンハーゲンはアルミニア社に買収されていたため。
1950年代〜1980年代に作られたTENERAは女性のデザイナーたちが、bacaは男性のデザイナーたちがデザインしていてそれぞれ雰囲気が違います。

baca

f:id:mashley_slt:20171024124346j:plain

pin.it

TENERA

f:id:mashley_slt:20171024124409j:plain

pin.it

 

しかし、初見は「何これ?!気持ち悪っ!(失礼)高っ!皿一枚8000円?!花瓶30000円ってバカじゃないの?!ってか名前バカってwwwププ(全く持って失礼)」
と完全にバカにする態度。

 

でもね、北欧の雑誌とか見るとたまにステキなお家に置いてるじゃないですか。

f:id:mashley_slt:20171024122635j:image

(北欧テイストの家づくり no.18表紙より)
ちょっとキてるヤバい(いい意味で)家具やとかヴィンテージショップ行くと見かけるじゃないですか。

 

見てるとだんだん、「あれ、ちょっとかわいいかも」と思うようになり、
だんだんだんだん「あ、あれはバッカの黄色いフラワーベースだから絶対高いわ」とハマりだす。

 

今では大好き。

 

わかってますよ、家具だけでも金かかる趣味なのに、焼き物に手を出すなんて無謀もいいとこ。
キリがないですよね。

でも、好きになったんだからしょうがないじゃない!
しかも、オークションでめっちゃ安くで落としたんだからいいじゃない! 

 

ああ、そうさ、うちは富豪じゃないさ。
毎週毎週新しい家具をブログにアップしてるけど、こんなに買い物できるなんてどーせ家建てる今だけ!
昨年なんて無印で久々に1000円の白シャツ買って「安くなったー!」って喜んでたぐらいだ!
普段は朝:パン→昼:夫は弁当、嫁はインスタントか塩ごはん→夜:スープかサラダ、たまに外食で丸亀製麺来来亭行って、二人で食費+雑費3万/月で慎ましく(?)マイホームのために頑張ってる一般庶民だ!
だから年一回ぐらい、bacaかテネラさん格安で買うぐらい許してくれ!

 

でも、自分でも思うよ、いけん世界に足踏み入れちゃったなぁって…
そのうち、リサラーソンのヴィンテージの焼き物もいいなぁって思うんだろなぁ…

f:id:mashley_slt:20171024121649j:image

 

f:id:mashley_slt:20171024124903j:plain

ん?

何か左に写ってる。。。

 

「そろそろ僕の出番らしいな…」