お金のハナシ からの賃金のハナシ

f:id:mashley_slt:20171018085527j:plain

地盤改良は改良部分が浅かったために何とか予定していた予算に収まりそうです。

 

というわけで、我が家は1000万の土地+3000万ちょい=4000万ちょいのお家となります。

同時に4000万ちょいの借金を抱えます。わーい…

 

頑張ろう。

 

お金といえば、こんな記事を見て唖然とした。

news.livedoor.com

 

この人お勉強的な頭はいいのにアホなこというなって思う。

 

そもそも日本全体が賃金に関しては、仕事に対して正当な評価をされない傾向があって、その根底にはこういう偏見を持った人や直接利益を生まない仕事の評価の方法、働く人そのものへの考え方ってのがあると思う。

 

私のカラフルな職歴で賃金(時給換算)を振り返ってみると

◯塾講師@日本  時給約1000円〜

◯学童指導員@日本 時給約700円〜

◯事務職員@オーストラリア 時給約2000円

◯個人経営の英会話教室 @日本 時給 約800円

◯公立高校教員 @日本 時給約500円〜

◯家具屋 @日本 時給約800円

◯卸営業 @日本 時給約900円

 

上の時給は単純に給与を時間で割ったものでなく、勤務時間とか在宅で仕事したものを入れて出したものです。

あ、もちろん、個人差、地域差、繁忙期かどうかによっても違うのであしからず。

 

特に 「公立高校教員 @日本 時給約500円〜」に驚かれるかもしれませんが、本当です。これは当時、相担任のパートナーだった先生が4月の超ハードな時期を計算したらそうなりました笑

休みなし! (土日?部活動っていう名のボランティアですよ)

夜は12時解散、朝は6時到着、時間がないときは持ち帰りも!

おまけに一年生は4月は宿泊体験やら家庭訪問でほぼ24時間稼働!

昼間何やってるかって? 授業、校務分掌、校内見回り。夕方は部活動、生徒の相談。

だってかわいい子達が家のことや勉強のことで相談来たら「ちょっと忙しいから」なんて言えないよ。

 

あれはもっとも充実して、もっとも苦しい時期だった。

 

私は日本が好きです。

でも、働くことや働く人への敬意がなさすぎ。

そういえばこんな記事があった

www.j-cast.com

 

国が動くような大会までこんな始末で呆れる。

あと、もうちょい手を抜こうよ、抜いた人へのバッシングをやめようよ。

長期休みがあったってその他ちゃんとしとけばいいじゃないか(冨樫先生が休んでも責めてはいけない!!みんなHUNTER×HUNTER大好きでしょ?!笑)。

家族を大事にしようよ。

大事にしないから、経済目線での「プレミアムフライデー」なんてやるんだよ。欧州は(すぐに「他国は〜」っていうの嫌いだけど)家族や大事な人と過ごすために金曜は早く帰るんだよ。

お父さんが会社の付き合いで飲み歩いて遅くなって、お母さんが「亭主元気で留守がいい」なんていう家庭は終わりにしないか? 

 

なんて、朝から色々ニュース読んで熱くなってしまった。

だがしかし、まだ希望を捨てずに行きたい。

 

いつか会社作りたい(小さな願望)

f:id:mashley_slt:20171018085745j:plain